よくある質問

よくある質問をご用意いたしましたので、お問い合わせされる前にご参考にしてください。

着色料・保存料などは使用していますか?
防腐剤・合成保存料等の添加物は一切使用しておりません。天然素材にこだわり、いつまでも健康で長生きしてほしいとの想いから、酵素や栄養素を活かし、心をこめて手造りしています。
原材料は全て国産ですか?

基本的に国産の原材料を使用しています。馬肉など国内での安定的な調達が困難なため、抗生物質・成長ホルモン剤等は一切使用していない南米産等を使用しています。

使用前に国内にて食肉衛生検査工程を経た安心出来る、鮮度の高い精肉のみを使用しています。
原材料はすべて、人も食べることが出来る厳選された原材料だけを使用しております。

馬肉と鶏肉はどう違いますか?

メインに使用している原材料が馬肉を使用しているか、鶏肉を使用しているかの違いになり、その他の原材料は同じものとなります。原材料の配合を調整することにより、保証成分値は同値になり、たんぱく質・脂質・ミネラル・ビタミン等も豊富に含まれています。

子供が食べてしまいました。害はありますか?

原材料は全て人も食すことの出来る厳選された素材のみで製造しています。

粒の大きさや色がいつもと少し違いますが、なぜでしょうか?

手造りのため、多少違いが出ます。また素材の栄養価と風味を残すために、調理前に粉末加工を行っておりません。

そのため、粒のサイズや色合いに多少のばらつきがあります。無添加・天然素材が生むこれらの特徴により高い栄養摂取率と素材感のある食感をお楽しみいただけます。

パピーやシニア犬にあげても大丈夫ですか?

高タンパクで豊富な繊維質と酵素等が配合された優れた栄養バランスの全犬種対応のドックフードです。給餌量を調整することで、パピーからアダルト、シニアまでオールステージに対応しています。

年齢が異なっても、犬種が異なっても、健康に必要な栄養素がきちんと吸収されます。フードの量を調整すれば摂取カロリーを調整出来ますので、特に年齢別に分ける必要はないと考えています。年齢が変わると、必要カロリーは異なりますが、必要な栄養素は変わらないからです。

給餌量の目安は?

今の体重を維持するのであれば今の体重を目安に、また目指す体重があるのであれば、その体重を目安に与えてください。
給餌量はあくまでも目安量です。その日の運動量などを加味した上で体調・体重の変化を見ながら飼い主様のご判断で調節してください。

PDFをダウンロード

フードの切り替え方法はどのようにしたらいいですか?

フードを切り替える時は、今までのフードに混ぜながら徐々に新しいフードの量を増やし、約1~2週間程かけて完全に切り替えるようにしてください。自然食フードに切り替えたら、便がゆるくなる場合があります。

一定期間(準備期間約2~3週間程度)、軟便や下痢を起こすことがありますが、腸内細菌のバランスが良くなると、良好便にもどり、本来持っている「免疫力」を維持します。

少なくとも当社のペットフードがわかるまでに3カ月ほど与えていただくことをおすすめします。

離乳食として与える場合はどのように与えればいいですか?

離乳食として与える場合は与える前にお湯(白湯やぬるま湯がお勧め)でふやかして与えて下さい。月齢にもよりますが、必要があればふやかした後に潰して与えます。また、十分な栄養を摂取できるよう、ヤギミルク等を混ぜて与えてもよいでしょう。

多頭飼いの場合、犬種や年齢が違うのに同じフードで大丈夫ですか?

高タンパクで豊富な繊維質・酵素等が配合された優れた栄養バランスの全犬種対応のドックフードです。
安心の原材料を使用していますので給餌量を調整することで、パピーからアダルト、シニアまでオールステージに対応しています。

フードを切り替えたら、便が少なくなった気がしますが大丈夫ですか?

消化能力が高く、栄養素の吸収率も高いドッグフードです。
必要な栄養素がきちんと吸収されるため、便の量が少ない場合もあります。

どのように保管をすればいいですか?

高温多湿を避け、直射日光が当たらない涼しい場所に保管して下さい。開封後は必ずパッケージの封をしっかりと閉めて、密閉して保管して下さい。
外気との温度差により湿気の原因となりますので、冷蔵保管は避けましょう。

その他、ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。